子どもは親の失敗も受け入れる力を持っている

最近は、

育児や子育ての情報が溢れています。

子育ての知識を得るのには、

とても簡単に、便利になった反面、

あまりにも多くの情報が入ってきて、

気がつけば、

情報に自分が振り回されている、という事はないでしょうか…         

 

子どもにとって良い事を

あれもこれも、取り入れようとし、

結局、全て中途半端になったり、


途中で挫折してしまう自分自身が

かえって、ストレスになっていないでしょうか…

 

時には、ゆったりした時間を取って、

自分自身を振り返ってみて下さい。

もしかすれば、

自分でも気がつかない間に、

先ほど述べた事柄が、

ストレスになっているかもしれません…

注意して頂きたいのは、

情報に過敏なりすぎて、

育児に神経質になりすぎる事です。

そして子どもの能力を引き出す事ばかりに

気をとられ、

基本的な生活習慣を見落としてしまう事です。

「栄養補給」

「身体衛生」

「住居環境」

先ず、この3点に気を配り、どのような状況か見直してください。

そして、そのうえで、

子どもの能力を引き出す関わりや、

成績の事を考えるべきです。

基本的な部分をおろそかにし、

「脳育」に走っても、

決して良い結果とはなりません。

子どもは、生まれもっての発育のプログラムが

備わっているのと同時に、

少々の事でも、困難や失敗を受け入れ、

乗り越えられる能力の種も持っています。

そしてそれらは、「親の愛情」で、育まれていきます。

愛情さえかけていれば、全てOK!と言うのではありませんが、

愛情を基本において、

子育てをしなければ、

何を施してもNO!

子どもにとって、良くない結果となります。

 

子育てを一生懸命頑張っておられるママほど、

時として、

「子どもの幸せ」

と云うところが見えなくなり、

いつも間にか、

「親のため」にすり替わっている場合があります。

 

完璧な子育てなんてないのです。

少しのことで、一喜一憂せずに、

大きな気持ちで子育てをしましょう。

 

多少、失敗しても、

愛情を持って育てていれば、

子どもは、親の失敗も受け入れる能力を持っています。

おおらかに、

そして、もっともっと子どもの持っている能力を信じて、

子育てをしましょう!

                      「子育て親育ち」田宮由美HP              

子供エンジン  


   

 

 

             

 

子育て情報のお問合せ