学習が捗る勉強場所って?

Q:ご相談

小学校4年生の子どものことです。宿題や勉強をする際、自分の子ども部屋に入ってしているようなのですが、いつもあまり進んでいません。一人静かに勉強に取り組めると思っているのですが…このままで良いのでしょうか… 

A:

各ご家庭、個人により、集中して学習に取り組める場所は異なります。

もちろん、個室の子ども部屋を用意されているご家庭は、

その場所でされるのが良いでしょう…

しかし、そのお子さんの性格、家族の雰囲気によっては、

リビングで学習に取り組まれる方が、伸びる事もあります。

 

例えば、 お子さんが、人と関わる事により安心感をもったり、

賑やかな雰囲気の方が好きで、一人が苦手、

というような性格ならリビング。

又反対に、

マイペースで、人から関われるのが、あまり好きでなく、

自分の思うように段取りし何でも進めるのが好きな

お子さんなら個室。

もちろん、個室でする場合、常に親が覗きに行く、

若しくは横についておく必要があります。

そして、リビングの場合、

横でTVをつけたり、大きな声でお喋りしたり騒ぐ家族がなく、

勉強に向き合える環境で有る事が条件です。

以前、中学受験は、リビングで勉強をした子どもの方が、合格率は高いと、

雑誌で統計を見た事があります。

それは、きっと、リビングでも、学習できる空気を作れるよう

家族全員が受験に気持ちを向けていた家庭だったからだと思います。

家族構成によっては、全てが全部、この条件に当てはまるとは、限りません。

 

ですが、どちらの場合も当てはまることがあります。

それは子どもはお母さんが大好き!という事実です。

 

いつもお母さんが見える、

お母さんの声の掛けやすい所に居る…

お母さんの気配が感じられるという事がカギを握るのです。

お母さんに一声、「頑張ってるね!」と声をかけられれば、

子どもはグッとやる気がアップします。

 

以上の事等を参考に、

学習場所の「自分らしいスタイル」を考えてみられるのはいかがでしょう…

 

子供の部屋に関する記事は下記にも書いております。

どうぞご訪問ください。

学習がはかどらない「間違った」勉強部屋の見直し法

 

 「子育ち親育ち」    田宮由美        

 

 

 

カテゴリー 子育てお悩み相談室 の最新一覧

子育てお悩み相談室

子育て情報のお問合せ