挫折克服法②目立つ所

何か目標を決めて達成しようとしてもいつも挫折してしまう…

「子ども自身のことだから」

「子どもの自主性に任せます」

そのような理由で、目標達成への挫折に対し、

親が諦めたりしていないでしょうか…

子どもは、親のちょっとした手助けで、挫折を克服できるのです。

 

      ☆ 目標達成のための効果的な5つの方法

② 目標は目立つところに書いて貼りましょう。

人の記憶は曖昧です。

気持ちになると、尚更、心変わり…があります。

志しも、さまざまな障害で挫折することがあります。

これらのことが障害となって、目標達成を妨げるのに

拍車をかけるのです。。

立てた目標は、ハッキリ、大きく紙に書いて、

リビングや、いつも目にする目立つところに貼りましょう。

 

そうすることによって、

日常生活をする中で、目に飛び込み、

いつも心の中に立てた時の気持ちが蘇ってきやすくなります。

 

そして、目立つところに貼ることで、

親子の話題に出しやすくなります。

ちょっとした会話の中で、

目標を書いた時の気持ちや、今の達成度などを

紙を見ながら、話しやすくなりますね。

親の「頑張ってるね」のひと言が、

子どものやる気を倍増させるのです。

そうすることで、親子のコミュニケーションが深まり、

子どもの「頑張る力」は強まるのです。

 

                                                                                                                                                   「子育て親育ち」田宮由美HP

犬男児

 

子育て情報のお問合せ