女性の社会進出と男性の家庭進出

私は

「女性らしさ」

「男性らしさ」という言葉が好きです。

ですが、それは、女性は家事育児、

男性は外で仕事に専念という意味ではありません。

男性は男性らしく、家事育児を

女性は女性らしく外で働くことをしてもいいと思います。

キャリアを持ってイキイキ働く女性を

男性が支えていくのも男らしさです。

 

講演会やセミナーを開催するたびに

必ずと言っていいほど、よく質問されることがあります。


それは、お父さんの育児参加についてです。


「もっと、パパにも育児を手伝って欲しいんですが、

どうすればいいでしょうか…」

というような内容のものです。


尋ねておられるのは、お母さんですので、

私は、もちろん、女性の立場から、応えます。


パパの力を必要としていることをしっかり伝えると同時に

感謝することや、褒める方法や…。

 

ですが、最近、

ダイレクトに男性に訴える必要性を感じています。

女性の社会進出が進んできている昨今、

男性の家庭進出も、同じように進めなければ、

子どもへの関わりのバランスが取れません。

 

今、注目されている言葉に

「ワーク ライフ バランス 」というものがあります。

「仕事と生活の調和」という意味です。

 

つまり

働く人が仕事上の責任を果たそうとすると、

仕事以外の生活でやりたいことや、やらなければならないことに

取り組めなくなるのではなく、両者を実現できる状態のことです。

 

仕事ばかり優先し、家庭をおろそかにせざるを得ないという状況は

配偶者との関係がギクシャクし、

親子との関係によくない影響を与えるのはもちろん、

大きな目で見れば、仕事への効率も下がりえます。

 

子どもは、夫婦ともに力をあわせ、健やかに育てていくものです。

未来を担う子どもたちの健やかな成長は、

社会も輝かせます。

そしてそれは、やがて歳老く私たちの生活も豊かにして行く事に

繋がるのです。

 

私たちは、この「ワークライフバランス」について

もっと考えていかなければならないと思います。

                                          「子育て親育ち」田宮由美HP


子育て本イラスト夜空父子

子育て情報のお問合せ