早期教育が必要な理由

「早期教育」と聞くと、教育熱心な親が、さまざまな教材を与え、

親主導で子どもに文字や数、スポーツや音楽の教育をするように

捉えらえがちですが、

私は、早期教育とは

子どもの脳が柔らか時期に、さまざまな五感の刺激を与え、

脳が、知識を受容できる器を広げてあげることだと思っています。

 

誕生したての赤ちゃんの脳は、

お母さんのお腹の中から、この世に誕生し、

人生最大の環境の変化に適応しようと

非常に柔軟です。

この時期は、乾いたスポンジが水を吸収するように、

赤ちゃんの脳は、多くのことを吸収します。

 

ですので、この時期に、是非多くのことを取り入れられるように

 環境を整えてあげてほしいのです。

そういう意味での「早期教育」が、私は必要だと思っています。

 

 

「子育て親育ち」田宮由美HP

 

笑顔

子育て情報のお問合せ