「自殺防止」命の尊さを覚える親子の会話

たった一つしかない尊い命。

それを粗末に扱われるような事件が、昨今のニュースでよく流れてきます。

その度に、私達大人は重い気持ちになりますね。

 

命の尊さを教えるには、

「かけがえのない命」を教えるだけでは、子供には伝わりません。

「かけがえのない命だから、大切にしよう」という気持ちを

育むことが重要なのです。

 

それは何か時別なことではなく、

飼っていたペットや小動物が亡くなった時、一緒に悲しむ、

高齢者や弱い立場の人をいたわる姿を見せるなど、

日常生活の中で、

親が折に触れ、教えていくことが最も自然に子供に理解され、

肌で「かけがえのない命」を感じることが出来ると思います。

 

子供がまだ幼い頃、

身近な高齢者が亡くなった時、

私が親子で交わした会話を紹介します。

娘:「死んだらどうなるの?」

母:「お空のお星さまになるのよ」

娘:「お星さまになるの…」

母:「そうよ」

娘:「そしたら、死んだらお空で会えるね」

母:「そうね、だけどもし、あなたが先に死んだらママは、お空を見て毎日泣いているわ……」

娘;「どうして?」

母:「だって、美味しいご飯があっても一緒に食べれないし、

   風が吹いて、寒くても、毛布も掛けてあげれないもの…」

子;「じゃあ、お母さんが先に死んだら?」

母:「歳の大きい人から順に、あなたたちに囲まれて、死んでいくのは幸せなことなのよ」

娘:「ふーん」

息子;「……」

母:「もしお母さんが先に死んで、寂しくなったり、辛かったりしたら、

   お空のお星さまを見なさいね。

   お母さんがお空から見守ってあげているから…」

娘:「いっぱいお星さまがありすぎて、どれがお母さんのお星さまか、分からない」

息子:「お母さん、お月さまの隣にして、そしたら、見つけやすいから!」

 

この会話で、何処まで、命について理解したかは、分かりませんが

「かけがえのない命」について考えるきっかけにはなっています。

親が子供を思いやる気持ち、それに子供が反応して、親を気に掛ける気もちも

会話の中でなされています。

 

「死」について

永遠の離別、目の前から見えなくなる、眠っているなどの違いをきちんと

理解できていない、子供がまだ幼児だった頃の会話です。

 

子供は誕生した瞬間、生きる力に溢れています。

その生きる力や、「命を大切にしよう」という気持ちを

親は丁寧に責任を持って、育んでいきたいですね。

 

 

 

 

 田宮由美HP

 

 

子育て情報のお問合せ