お友達とうまく遊べない子ども①

 

赤ちゃんの世界は、

ママと自分の二人だけの向かい合った関係から

家族、身近な友人と成長とともに徐々に広がっていきます。

 

そして2歳前後から、

お友達と一緒に遊ぶことを覚え始めるのですが、

この

お友達デビューが結構難しいのです。

 

ママに、

今まで自分の意思は、全て受け入れられていたことが

同年代のお友達には、受け入れてもらえないからです。

子どものお友達デビューは

先ずは同年代の子どもとトラブルを体験することから始まります。

 

「友達は、自分が考えているようには必ずしも考えないのだ。」

云うことを分かり始めます。

 

そして

トラブルの葛藤を乗り越えるにはどうしたら良いのか考えて、

友だちの考えを推測し、

尊重し、

自分の考えも表明するように試行錯誤をします。

 

これを繰り返し、

徐々にお友達と仲良く遊べるようになっていくのです。

 

反対に言いますと、

幼い間に、この経験を充分にしていないと、

幼稚園、小学校と親の手を離れ、集団に入った時、

うまくお友達と意思疎通ができなかったり、

お友達と遊ぶことが苦手な子どもになる可能性が出てくるのです。

(②へ後日続きます)

 「子育て親育ち」田宮由美HP

ハート  
子育て情報のお問合せ