大学受験への親の関わり

国公立大学の2次試験もほとんどが終わりました。

手ごたえのあった人、そうでなかった人、

中期、後期に挑む人、仕切り直す人

それぞれ、自分の人生を自分なりに、しっかり考えられていると思います。

 

大学受験に向けて一生懸命勉強してきた子どもに対して、

親御さんも、いろいろ思うところがあると思います。

 

大学受験での親の関わりは

「お金を出すだけ」と言った方がおられました。

 

確かに、もう勉強を教えることも、

「勉強しなさい」と言葉掛けする必要はないです。

そうしなければ、ならないようでしたら、

大学へ進学する必要はと思います。

 

ですが、大切に慈しみ、ここまで育ててきたお子さんですもの

気になるのは、当然です。

 

でも、もう、大学生になろうとしているお子さんです。

子どもの考えに任せるのが、この時期にあった子育てです。

 

お子さん自身が考え、判断した事に親も賛成してあげる事が良いでしょう。 

ですが、親が、アドバイスをする事も大切です。

子どもより長く生きている人生の先輩として、

その選択をした時のメリット、デメリットを話してあげましょう。

 

そして親として、最も大切なことは、子どもが一生懸命取り組み

出た結果なら、親もそれを受け入れてあげることです。

 

「人事を尽くして天命を待つ」

 私の大好きな言葉です。

充分考え、精いっぱい努力し、頑張った結果でしたら、

 それがベストの道だったと、受け入れる事が、

 

今後の人生を開く結果に繋がると私は思います。

 

                

子育て情報のお問合せ