夜泣きを乗り切る10のコツ

子育て中のママの悩みの中で、

必ず上位に来るのが「泣き」に関する事です。

 

3~4か月になりますと、

少し、夜に長く眠ってくれるようになるのですが、

本格的な「夜泣き」も始まってきます。

だいたいピークは9ヶ月頃と言われ、

その後、徐々におさまってくるのですが、

これには個人差があります。

 

月齢が上がると、泣き声も大きくなり、

ママは、昼間の家事や育児の疲れもあり、

夜泣きの苦労は、並大抵ではありません…

本当に辛いですね。

 

 

一般的な対策として、

規則正しい生活ののリズムをつける。

毎朝、決まった時刻に起こして、昼間は日光をしっかり浴びさせる。

そうすることにより、昼夜の区別をつけさせ、体内時計を確立させる。

等を意識してみて下さい。

 

そして、この頃より、複雑な感情も出てくるので、

怖い夢を見たり、

夜中目が覚めてママが横に居なくて寂しい等と感じ、

泣くと云う説もあるそうです。

 

ですので、ママは少し添い寝をしてあげるのも良いかと思います。

 

その他、オムツ・空腹・お部屋環境等のチェックはもちろんです。

昼間にむやみにお昼寝をさせず、

いろいろ興味を引き、遊ばせる事も大切です。

 

しかし、経験上、

赤ちゃんは、泣きます!

 

全て、欲求を満たしていても、

泣く時は泣きます。

それが赤ちゃんの仕事ですから…。

 

夜泣きを少しでも、楽に乗り切る為に、チェックシートを作ってみました。

日常生活の中で、実践に結び付くものを

10個の項目にしましたので、チェックしてみて下さい。

 

① 毎日の睡眠リズム、生活リズムは決まっていますか?

② 朝起きる時間はいつも同じですか?

③ 昼寝をしすぎていませんか?

④ 昼間、よく遊んでいますか?

⑤ 食事の時間は決まっていますか?

⑥ お腹はいっぱいになっていますか?

⑦ 夜中の授乳を続けていませんか?

⑧ 着せ過ぎになって、汗ばんでいませんか?

⑨ お母さんのイライラが赤ちゃんに伝わっていませんか?

⑩ 添い寝をしたり、気に入りの就寝グッズをつくって心理的に

  落ち着かせたりしていますか?

 

但し、これらすべてを満たからと言って、

夜泣きがピタッと止まるわけではありません。

 

ですが、少しでも睡眠時間が持続する可能性が増えるのは確かです。

そして、チェック項目を実践しながら、

自分に

「大丈夫!今夜は眠ってくれる!」って

呟いてみて下さい。

ママの気持ちも落ち着きます。

 

 ママの不安、イライラは、

赤ちゃんの気持ちに大きなマイナスの影響を与えます。

子育ては、ママが一人で抱え込まない事が最も大切です。

 

 「子育て親育ち」田宮由美HP

生後直ぐ

子育て情報のお問合せ