脳の発育を促すあそび② 3ヵ月から6ヵ月

生後3か月程を過ぎますと、昼夜の区別がついてきます。

お昼寝を2回~4回ほどしながら、

少しずつ、体内時計が整いつつある頃ですね。

 

その頃の与えれば良いおもちゃは、誕生後直ぐに用意したものを

引き続き、与えるとともに、新しいあそびも取り入れる事をお勧めします。

 

3か月前後から、首が座ってきますので、

顔を動かしたり、手足をバタバタと活発に動かすようになってきます。

又、寝返りもし始めますので、

赤ちゃんの活動を促すようなあそびを加えることが良いと思います。

 

例えば、お母さんが、赤ちゃんを抱っこしながら、

お膝の上で、「ジャンプ、ジャンプ!」とさせたり、

赤ちゃんを抱き上げ、「高い、高い~」も、良いでしょう。

 

他、寝返りを促すように「お芋さん、ころりん」

身体の動きの発育を促すのに良いでしょう。

 

そして、お母さんの指を握らせたり、

赤ちゃんの足の裏を擦る事も忘れず、行って下さい。

脳を刺激し、シナプス増加に繋がります。

 

そして、まだ、言葉もほとんど理解できていないと感じる時期ですが、

お話あそび絵本読みもこのこ頃から、しっかりはじめて下さい。

 

理解していないようでも、非言語のコミュニケーション能力は

この時期から十分に感じ、理解しています。

 「子育て親育ち」田宮由美HP

             外人赤ちゃん

子育て情報のお問合せ