脳の発育を促すあそび⑥1歳6ヵ月から2歳

1歳6カ月から2歳くらいになりますと、

更に動きが活発になってきますね。

この頃は、

1歳からのあそびに加え、

お外あそびがかなり楽しめます。

 

それまでは、外気浴く程度だったのですが、

1歳半を過ぎますと、歩行もかなりしっかりしてきますので、

自分の意志で自由に動き回れることが可能なります。

 

公園で、滑り台や椅子式のブランコ、シーソーが楽しめ、

又、お砂場あそびもデビューするでしょう。

夏は水遊びも子どもの楽しいあそびの一つに加わります。

 

ボールあそびでは、

ボールを手から放し、転がす、投げると云う動作もできます。

何気ない動作のように感じますが、

脳から、ボールを放すと云う命令を出し、

それを腕や指先に伝達する一連の作業は、

脳の発達を促すのにとても有効的です。

 

その他、

手の感触を刺激する粘土あそびもお勧めです。

粘土は、創造性や独創性を豊かにするだけでなく、

立体ということに目をむけるきっかけにもなります。

平面に絵を描いていただけでは気づかない質感や重さ、又傾きなども学べます。

 

シールを貼ったり、

まねっこあそびも、できます。

 

子どもは模倣から、学びに入っていきますので、

まねっこあそびは、いろんな形で、

繰り返し取り入れることが私は理想だと思っています。

「子育て親育ち」田宮由美HP

花かんむり

子育て情報のお問合せ